日本人はどこからきたの?

11月の連休、新幹線に乗って日帰りで京都の東福寺と嵐山の天龍寺へ紅葉を観にでかけてきました。
天龍寺の方角からみる庭園は、最盛期の紅葉に彩られ見事でした。
こぼれる光を通してみどり・黄緑・赤茶・朱と色が映えて、重なる葉の色合いのコントラストはさすが世界遺産でした。
紅葉と新緑で有名な名刹「東福寺」は、人・ひと・ひと…
通天橋から見下ろす紅葉は、花畑、日本の庭園芸術のほこりですね。
早朝、5時に自宅を出て新幹線での日帰りの京都への旅。
立ち止まって見たのはほんの10分程度。
つかの間の10分が輝いて、不思議満足感を経験しました。

「古代船で3万年の航海」のロマン

千葉明徳学園で、国立科学博物館の南部陽介博士を招いて「日本人はどこからきたのか?」「航海者だった祖先たち」というテーマーの講演がありました。
「3万年前アフリカで誕生したホモサピエンスが、アフリカを出て各方面に広がっていった」
「ヒマラヤを超え、船に乗って日本に定着した形跡がある」
アジア各地の遺跡や化石、DNAの証拠と併せてホモサピエンスの定説を見直すため国立科学博物館がプロジェクトを立ち上げて、「日本人の祖先はどこからきたのか」という実証研究に取りかかったそうです。
朝鮮半島から対馬を経緯して日本へ移動するルート。
樺太を経て陸続きであった北海道から南下するルートに加えて、もう一つの海洋ルートを提唱したことになります。
我々の先祖は、今から3万年前に台湾から沖縄をめざし、黒潮に乗って船で渡ってきた「航海者」だったという説は、広大な夢とロマンがありますね。
斧もカッターも無かった時代にどのような方法で船を造ったのでしょうか? 
プロジェクトチームはその実証研究の一つとして、実際に現地で当時の草・つる・木の枝・竹を使って、石斧や貝殻等で古代船を建造しました。
そして実際に海へ向かってこぎ出しましたが、失敗を繰り返します。
それでもめげずに、数年かかって切り倒した樹木を石斧で削った丸木船を建造しています。
近々、台湾から日本の与那国島まで3日もかけて航行する計画途中であるという報告が熱く語られました。
ロマンに満ちた実証研究は「夢」と「ロマン」がありますね。
この黒潮に乗ってのチャレンジ航行プロジェクトには「3万年も昔に船で男女の原始人が丸太船に乗って航海する」ことで、日本に定住したという人類アジア説が実証されたとしたら、それは大きなロマンですよ。
我が先祖は地球規模の民族大移動を成し遂げたのですから…

 

来る2019年、新しい元号を迎えます。
来るべき新しい時代は、私たちに何を求めているのでしょうか。
宇宙開発がさらに進歩して、ジョージ・ルーカスが描くような宇宙都市の時代が到来する方向で時代が走っています。
そんな中で、石斧で丸木舟を削り、風に任せて台湾から与那国島に向かって航海するプロジェクト人たちのロマンに心を引かれました。
今、年長さんは日本の民話の中でも語り継がれている「桃太郎」の表現劇あそびと取り組んでいます。
桃太郎を巡る「桃太郎伝説」は、日本全国各地で伝承されています。
いずれの「桃太郎」も平和を脅かす鬼の暴力と災害の恐怖を追い払い、幸せを取り戻す「英雄」として語り継がれてきました。
この「桃太郎」を巡って、年長児は「人の愛・心の美しさ・生きる力・友情との助け合い・言葉の発声・楽器の演奏」について、語り合ってきました。
卒園まであと数ヶ月、一日一日の生活を噛みしめることによって、三年間一緒だった友だちとの関わりを通して、自立心を育てていくきっかけになると思います。
年長組のスタッフにとっても、この劇あそびを通して、子ども同士で「話し合うこと」の大切さを見守ってきました。
「話し合う」と云うことは大人でも難しいですね。
その秘訣は「相手の立場を認める」ことからスタートです。
具体的には「強者が弱者に合わせること」が基本です。
強者の思い通りにするための話し合いは成立しません。
夫婦の話し合い、親子の話し合い、教師と生徒の話し合いにしても、強者が弱者に物事を押し付けることは逆効果を生じたりします。
子どもと大人との話し合いは、弱者である子どもの主張を認めると、おもしろい展開が拡がります。
桃太郎とはどういう人?犬は?鬼どうして悪いの?おばあちゃんはどんな人?…と子どもに聞きながら台本を書いたとしたら、それこそとんでもないことになりそうですか?
「いやいや 結構、常識的な台本になるかもしれませんね」
今年も年長児と一緒に絵を描くチャンスをいただきました。
毎回、子どもたちの描いた絵をボードに展示して、一人一人が自分の絵、友だちの絵の「良いとこ」さがしをして話し合います。
実際に画用紙に向かって描く時も、描きたいものを子どもが「脳にイメージ」できるように子どものおしゃべりを大切にします。
例えば水槽を泳いでいる金魚をスケッチしています。
Y「せんせー たこ かいてもいい」
T「金魚とタコのイメージが うかんだら かいても いいよ」
M「きんぎょと たこは いっしょに すめないよ」と隣の女の子Mちゃん。
Y「あっ そうか カメはだいじょうぶかな?」
二人で図鑑を見ながら、カメは陸亀・海亀…いっぱい種類がいることが、話し合いでわかりました。
結局、M君は目の前に泳いでいる金魚だけを描くことになりました。
今の科学技術なら、金魚とタコが同居して飼育することも可能かもしれませんね。
 
降園時、門のところでお母さんと一緒のY君との会話
Y「おかねが あればしあわせになれるよね」の突然の質問
お母さんの前での突然の質問。
T「そうかな そうかな?難しい質問だね。運がよければね。運は誰にでも降ってくるんだよ。一生懸命努力すると、運の糸が見えてくる。掴めるかどうかは君しだいだ。幸せは君の心がきめるんだ。だからお金が無くても幸せになれるとおもうよ。ねぇ おかあさん」
お母さんはうなずいてくれましたが、質問好きのM君には、難しい答え方でした。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode