天を貫いて生きる

「さぁー春ですよ」
幼稚園もピカピカに磨かれて、ポカポカテクテク手拍子で進級した年長さん、年中さん、そして新入園児の年少さんを迎える準備が整いました。
「よろしくおねがいします」
今年の春は、あわてんぼう坊さんで駆け足でやってきましたね。
梅と桜・チューリップ・つばき・菜の花…
花のダンスも重なってにぎやかですね。
年長さんの「みどりの棟」の2階からは、真っ白な梨の花が絨毯のように広がっています。
年中さんのお友だちを迎える「みずの棟」も明るくピカピカになりました。
そして3歳児・年少さん「ご入園おめでとうございます」
可愛いタンポポ・スミレ・レンゲ・つくしのグループ…
色とりどりの年少さんを迎えて、幼稚園はしばらく春爛漫に賑わいます。
今年の春は寒かったり暑かったりしているうちに、葉桜になってしまいました。
自然界も忙しそうですね。
自然界の春の舞が強すぎると、人間は花粉症に悩まされたりして自然への適応力がよわったりします。
私たちがカーナビに依存するあまり、運転感覚が鈍くなっていくのと同じで、地球の環境も季節感が鈍っているのかもしれませんね。
子どもたちも人間としての本能的な直観力を失うと、自然と共生する適応力・抵抗力が育たないことが心配されます。
動物などの生態にも異変が起こっています。
心なしか雀の姿を見かけなくなりました。
例年訪れてくれる軒下のつばめの巣も見かけなくなりました。
カタツムリもトンボも見かけませんね。
幼稚園のビオトープにアメンボが訪れて喜んだのは数年前のこと…
ヤゴは?モンシロチョウは?バッタは?ザリガニは…?
子どもは風を切り、原っぱを走り、小川で戯れ、木に登り、泥んこになってあそぶことで、命の営みの術を身につけます。
整備された公園より原っぱが良い、校庭も園庭もどろんこの方がずっと良い。
子どもは水と泥と木であそぶ。
江戸も明治も昭和・平成の時代になっても変わらない子どもの学習方法ですね。
「さぁー、子どもたちを泥んこにして、人間としての直観力を育てましょう」
 
この春、研修期間を頂いてドイツのフィッセンにある「AWO幼稚園型保育所」、環境整備都市として名高いフライブルグの「森の幼稚園」、そして健伸の教育の支柱にもなっている南フランス・バンスの「フレネの学校」をツアーバスで視察してきました。
船橋市ではデンマークのオーデンセ(アンデルセンの童話で名高い)と姉妹都市を結ぶにあたって、海外の幼稚園間の交流を深めてきました。
健伸では教職員の海外交流に積極的に取り組み、最近では4回の海外研修を重ねてきました。
乳幼児保育所や学童保育のシステム等の実態視察や研修を重ねて、学童保育や未満児保育の導入に努めてきています。
今回の研修は卒園生を対象にした学童保育や「健伸の森」での自然教育の充実を図るための研修視察でもありました。
研修会のスタッフは、教員養成校教授や幼稚園・保育所の園長等、管理職を中心にチャーターバスでの強行スケジュールで、今年の春のように慌ただしい研修でした。
研修内容については報告書にまとめています。
この誌面では「天をつらぬく」という視点で急ぎ旅の様子を報告させて頂きます。

3月25日正午、羽田発フライト時間11時間半。

時差8時間、ドイツのミュンヘン到着。
その日からサマータイム。時計の針を7時間早める。
ミュンヘン空港からチャーターバスで約4時間、フィッセンのホテルに着いたのが夜中の11時30分。
小雨の翌朝、現地時間5時起床。
6時に残雪で化粧された山の裾野の古都を散策。
イースター休暇で賑わう商店街は早朝からオープン、ドイツ経済のたくましさに触れた思いがしました。
午後の幼稚園視察前に、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったノイシュバンシュタイン城の見学。
残雪が残る山道を40分、息を切らしながら登る。
険しい崖に貼り付けたように聳える芸術的な巨城でした。
本来、城とは戦いに備える要塞か、信長や秀吉のように政治的な権威を知らしめる為であるが、ルートヴィッヒ2世は作曲家ワグナーを招き、特有の美学で建築。
オペラ的発想で築城したそうです。
完成後、まもなく投身自殺…謎の人生の幕を閉じる。
城を築く人、それは「卓越した武人か?それとも類い希な奇人か?」に区分されるが、シュタイン城は富と権威を与えられた天才・奇人であるルートヴィッチ男爵が、天に向かってキャンパスを広げて描いたロマン絵画かもしれません。
今回の研修の計画にあたり、私なりのロマンがありました。
ドイツのフライブルグは大火事に見舞われ、廃墟になった歴史を背負った古都です。
火災のたびに街を囲むように植林をして、自動車規制をして排気ガスから街を守る環境整備都市としても有名です。
また落葉樹の森で、子どもたちが一年間生活をする「森の幼稚園」としても有名です。
森の子どもたちは生き生きと輝いていました。
フライブルグの大聖堂の尖塔は永遠の命の象徴として天を貫いて輝きます。
そして南フランスのバンスの丘陵に聳え立つ「フレネの学校」も、子どもの感性が歓声が天を貫く創立者フレネの「子どもと共にある生活の綴り」です。
フレネ学校は今回で4回目の訪問です。
学校経営の危機に何度も遭遇して、世界中からの基金で頑張ってきた「フレネの教育」を残すために「国立学校」に変わって以来、初めての訪問でした。
創設者セバスチャンフレネの教育を受けたカルメン先生には会えませんでしたが、非常勤講師として健在とのこと。
その実践指導法は今も踏襲されていました。
イースターの休日の水曜日に訪問できた関係で、じっくりと指導法について学べるチャンスを得ることが出来ました。
今回の研修で学んだことは、フレネ学校創立の時、フレネが直接植樹した樫の木が「パパフレネ」と呼ばれ、子どもたちのあそびランドになって天を貫いて枝を広げているように、健伸の子どもたちも土と太陽と緑と水に親しみ子どもらしく貫いて生きる大切さを再確認しました。
「子どもは、より子どもらしく」とは、しっかりと根を張り、まっすぐ背筋を伸ばし、手を大きく広げ、天に向かって正しいことを貫いて生きる子ども、虫や植物や動物と共に生きる優しさを共有できる子どもを育てるべく努めます。
各ご家庭にありましても本年もよろしくお願い申しあげます。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode