庶民の日曜日はサザエさん

陽が沈むと同時に暗い帳がおり、道路の片隅からも虫の鳴き声が聞こえてきます。
虫の音、台所から漂う夕食のお料理の香りが秋の哀愁を奏でてくれます。
18時30分「お魚くえたどら猫をおいかけて…ようきな サザエさん」
幼い時から口ずさんできたさざえさんのテーマーソング歌声が聞こえてきます。
「あぁ 日曜日がもおしまいだなぁ。また月曜日からはじまるかぁ」と心が重くなりませんか。
子どももお父さんも、おじいちゃんもお母さんも、おばあちゃんも、いつかどこかで感じたことがある…
この季節ならではのほのかな哀愁ですね。
日曜日は何ごとにも拘束されない平和で自由な日。
その日曜日の解放感とさざえさん一家ののどかな風景がどこか共通するのでしょうね。
久しぶりに昔の仲間が集まりました。
「サザエさん」がフジテレビで放映された昭和44年の頃の友だちです。
まだ日本中がオリンピック景気で輝き、働くほどに生活が豊かになる実感を噛みしめて働いた記憶があります。
「あの頃は、駅前の商店街もにぎやかだった」
「買い物をするのにも言葉のやり取りがあったね」
「このアジ塩焼きにしたいの」
ねじり鉢巻きの魚屋さん「あいよ」と答えて調理した。
「今ではスーパーでの買い物は無言でレジを通り支払ができちゃうのよ」
「さざえさんの漫画に出てくる三河屋さんの御用聞き、牛乳配達、色々お店の配達がにぎやかだったね。この頃は人手不足でお店の配達がない」 
「中学の時、新聞配達・牛乳配達・納豆売りもやった覚えがある」
「今では配達どころかネット通販だもの。香も色もないわね」
「昔は季節に色と臭いがあった。特に秋は空気も澄み、色も香も格別だった」
「そういえば路地裏に響く『とぅーふー』のラッパ音はなつかしかったね」
「垣根越しに漂うサンマの香りと煙も秋の風景だった」
「隣近所の生活の息遣いを感じることが出来たわね」
「秋の日曜日は町内の子ども会そして神社のお祭り…」
「笛・太鼓・夜店…秋は町内ごとに神輿が繰り出されたね」
「祭りは子どもも一人前にあてにされて、学校を早引きできた。あれはよかったね」
「高齢化で神輿も担ぎ手がいなくなる」
「祭りのスポンサーだった商店街はシャッターを降ろし、街の街灯まで消えてさびしくなったね…」
秋はおしゃべりの季節、縁台将棋のように隠居談義も閉じる気配もしなかった。
核家族になり板塀に囲まれて路地裏文化が消えて高層マンションの厚い壁におおわれ地域のコミュニケーションが希薄になりました。
周り近所の生活の香りも音も気配も薄くなれば、昔はあたり前であった親切・友情・思いやり…
形では見えない温かさ安らぎ解放感が消えていきます。
でも昔はよかったと愚痴を言いながら、日曜日は朝からテレビの前に座り込んでボタンを押し続ける生活を堪能しています。
お金でも買えない大切なものとはなにか?
経済効果とはなにか?幸せ感とはなにか?
そして子どもにとって幸せとはなにか?
利便性を追求した合理的な生活文化が、街から香り・色彩・生活の気配・佇みを消し去ってしまいました。
子ども不在の制度の押し付けの中では、子どもの安らぎは期待できませんね。
子どもが真に求めているのは、お金で買えない「家庭のやさしさと温かさ」です。
いつの時代でも子どもにとって幸せに感じるのは「愛されているという実感です」
今月も広田廣介の「お月様と雲」を掲載しました。

「お月さまと雲」
からすは杉の木に ねどこをつくってすんでいました。
秋もふかくなり からすはだんだんさむくなってきました。
風が夜中にふきだしました。
からすはさむくて目がさめました。
「やあ まるみえになっている」
高い空から見おろして、お月さまが言いました。
「かわいそうに なにか うまい くふうはないか」
夜の雲がふんわりうかんでいました。
雲はながれて だんだんにお月さまのそばにきました。
「雲さん 雲さん そら あの森の木のえだに からすが みえませんか」
森のはずれのすぎのきに、カラスがしょんぼりとかがんでいるのがみえました。
「あれではきっとかぜをひく」
「あなたはちょうど わたみたい」
「どうでしょうか すこしばかりちぎってとって からすのからだに かけてやってくださいませんか」
「わかりました」
「わたしのからだぜんたいに つつんであげよう」
からすはそのばんもう一どねて、あおいごてんにすんでいる白いからすのすてきなゆめをみました。

秋は心の温かさが弾む季節。
サザエさんの三世代が囲む食卓に代表される昔ながらの笑顔が弾む夕餉とリンクするのでしょう。
磯野家は平和な庶民の日曜日の象徴です。
廣介童話は素朴な温かさを滲ませる秋の季節にふさわしい童話です。
その世界をこの誌面で何回も紹介するのは、彼の長女が書いた廣介伝を見る限り、子どもとのふれあいに特有の「はにかみ」があり、そのはにかみは子どもに語りかける祖父母のやさしさに共感するように思えるからです。
「やわらかく からすをつつんでやってちょうだい」と雲に声をかけるお月様の気配りは、孫を見守るおばあちゃんの優しさにも通じます。
この詩を読むたびに、亡き母を思い出したりします。
秋は運動会です。
子どもたちの歓声が空を貫きます。
運動会の当日は、風爽やかに子どもたちを包んでくれることを祈ります。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode