さまざまな体験「直観力を育てる」

子どもは、コンクリートの塀にカタツムリがいるのも知っています。
何故コンクリートにカタツムリがいるかは、小学校の時間で習います。
コンクリートにカタツムリが必要な養分があるのでしょうね。
この時期、お日様が沈む方向の空が暗くなって黒い雲が流れて暗くなると、雨が降ったり雷がなることも年長になるとわかります。
梅の実が赤く熟する頃になると、雨の日が続くことを小さい頃、祖母に教えられました。
長雨の降るこの時期を「梅雨」と書くと気づいたのは、高校の国語の時間でした。
教えられたものはすぐ忘れてしまい身につかないものですが、自分で気づいたことは体に染み込んでいろいろと役に立ちます。
したがって、何もかも初体験で不思議なことが多い幼児期には、その理由や仕組みまで教える必要はなく、その「ふしぎさ」をたくさん体験する機会をつくってあげると良いですね。
台風の翌朝、出勤前のパパと近くの公園に散策しました。
木が倒れたり、枝が折れて璃鳥の巣が落ちていたりする…
池に落ちた棒を拾う。
「あれ、さっき棒が折れて曲がってたのに…まっすぐ…どうして?」
ここで「光の屈折といって…」という理科の授業の必要はありません。
「いいことを発見したね」と受け止めてあげるといいですね。
やがて理科の時間で学んだ時「幼稚園の頃、あの公園で見た曲がった棒は…ああそうだったんだ」と気付くことでしょう。
幼児期は「あの池には、不思議な妖精が住んでいて…」と、子どもらしい自由な発想を膨らませることも大切ですね。
時と場合によりますが、その子どもの奇抜な発想に興味をもって耳を傾けてくださるといいですね。
また、子どもが考えたことに耳を傾け、間違っていれば気付かせてあげて、本当はどうなのかを一緒に探っていくことで考える習慣や調べる力を育てていくことも大切です。
強いものが生き残り、弱いものが淘汰される。
この弱肉強食の社会が自然界の摂理です。
しかし人間は考える力を磨き、知恵として道具を作り、道具の使い方を極める術を磨き、自然界の摂理を超えて、生き残る術を極めました。
病気になれば医術で克服し、病にならないように病原菌と戦い身を保全する術も磨いていて生きています。
しかし、これだけ科学の力に依存する生き方を追求すると、 ナビの普及で方向音痴になりかねないように、人間が虚弱になり自然と共生する適応力・抵抗力・生きる力が衰えていきます。
森林開発が進めば森の樹木は生き残るために、より強い花粉を遠くへ飛ばす。
化学が医学が進歩するほど、いろんな病原菌があふれいます。
地球の歴史が地中深く埋没させた過去の資源や廃物を、地中深く掘り上げて資源として消費して、この汚染された地球環境をさらに汚染させる過ちを繰り返してはなりませんね。

年長児のお泊まり会

いよいよ年長組さん、楽しみにしていた大房岬のお泊まり会ですね。
楽しみだけど、ちょっぴり不安かな?
3年間一緒に育った仲間と一緒の部屋で同じ布団で、一晩語り合えるんだ。
海も山もバスの中もキャンプファイアーも楽しいことばかりさ。
おねしょがシンパイ?
大丈夫、先生が上手に見守っているから心配なし。
「他人に迷惑をかけない・自分のことは自分でする・時間を守る」
このルールさえ守れば、楽しいことばかりだから心配することないよ。
大房岬は魚とびわとスイカがおいしい東京湾に突き出した海に囲まれた公園内の施設です。
隣が立派なリゾートホテル、周囲は県立公園の野外施設、坂を下っていくと館山湾に面した白い砂浜のビーチで岩あそびができます。
去年のひばり組さんは、浜辺で波遊びをしたり、岩場でカニや小魚や貝をとったりしました。
岩にたまった海水で温泉あそびでゆったりしました。
泊まるところは貸し切りでゆったり過ごせます。
ここは小高い丘の上にある災害時の緊急避難場所に指定されているので安心です。
宿舎から500mの広場でキャンプファイアーをします。
満天の星空が空いっぱいに広がり、キャンプファイアーの火の粉が美しい幻想の世界です。
先生たちの名物「ファイアーショー」は一生の思い出に残るでしょう。
展望台からみる対岸の三浦半島の夜景も美しく、打ち上げ花火大会を見えるかもしれません。
翌日は天気が良ければ鋸山にチャレンジします。
コースが色々選択できるので、当日のコンディション状況で判断します。
頂上から見る絶景は一生の多い出に残るでしょう。    
観光バスがシートベルトの関係で大人と同一料金になったりして、ご負担をおかけすることになりそうですが、なるべく簡素にしてしかも安全で充実した思い出のページになるように努めたいと思います。
ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode